スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

お悔やみ申し上げます。

昨日、
お世話になった番組のプロデューサーさんのお通夜へいってきました。

先日ちらっと拝見した時はお元気そうにみえたのに…未だに信じられません。

まだ44歳。

幼いおこさんを残しての若すぎる生涯に
やるせない気持ちでいっぱいです。


人生って何だろうなぁ

人生を全うするってどういうことだろう。
最近よくそんな事を考えていましたが
まさにそんな矢先でした。

彼が人生を全うしたかどうかは彼自身にしかわからないけれど

多くの方々が悔やみ参列されているのをみると

それだけ
愛され必要とされる存在であるということ。


それってすばらしい。

受け入れるのには時間がかかるけれど
本当にありがとうございました。

どうか安らかに。