スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

上海の朝食


今日の朝食☆肉包nikuman、小龍包、悩んだけど夏といったらやっぱり、これ!
らーめんマーク緑豆粥らーめんマーク!(3元・・・およそ45円)ヤスイデショ
緑豆といっても
私達日本人にはあんまりピンとこないけど、春雨の原料にも使われている豆で、夏に暑くほてった身体を冷やしてくれる、上海では昔から夏の味として親しまれているのですicon12。ところで、これを購入する際こんなやり取りを楽しみました。

私   :「哎,为什么这个是3塊?上次买的时候2塊5吗。」
オッチャン :「今天装的东西比较大一点。」
私   :「差不多的呀-卖给我2塊5吧。」

東北弁にするとこんな感じで↓pinkuma

私   :「ありゃ、おっちゃん、これなんで3元?前買ったとき2.5元だったいっちゃ」
オッチャン :「今日のは前より器が微妙にでかいんだ」
私   :「なんと、あんま変わらないがら、まけてけらい」

感覚的に、標準語より東北弁訳のほうがニュアンスどおりface10OK

いやね、3元を2.5元にするのなんてそんなに問題じゃなくって、こんな何気ない会話のなかにもなるほど!という現地表現が隠されていたりするのですよOK

中国語はとにかく聞いて喋って覚えてきたので特に感じるのは、あっ現地の人はこういう表現を使うのかー!よし、真似して使ってみよう、というやり方が一番icon21今日は、新しい表現を発見・・というよりは、その理由がおもしろいモアイ今日のは特別器がでかいって・・コンランシチャウデショicon16

・・で、その後結局またくるから!の一言で2.5元にまけてくれました謝謝face02





  


続き☆夜の南京路大歩行街

(→昨日の続き☆)
ちなみにこれが、夜の南京路大歩行街ですicon23今度は帰り道に撮影camera


どーですかこの変貌具合nazonin
このイルミネーションの量のすさまじいこと!
その華やかさを見ようと毎日多くの人が行きかい、あたり一帯活気もみじに満ちています。もう、毎日がお祭りという感じ 花火しかし、帰り道にはしんどい人の量ームンク

ところで
この記事を見てくれた上海人の友達の一言。
24歳の友人いわく、最近のような上海のきれいな青空は生まれてこのかたみたことが無かったface08そう。今年30歳になる別の友人は、生まれてからずっと右肩上がりicon14の経済だったそうで、不景気の上海をみたことがないらしいちからこぶ
そんな不思議な街、上海モアイ
  


今朝の南京路大歩行街


今朝の通勤風景です☆ここは上海のメインストリート、南京路大歩行街
毎日どこからこんなに人が?と思うくらい本当に多くの人々で賑わっている大通りなので、地面が見えるのは貴重なのです。

でも、写真を撮った一番の理由は、最近の上海の最近の青空がキレイ過ぎて感動だからicon12拍手icon12
なんだそんなこと~じゃないのよホント!
こっちに来てからもうほとんど毎日がガスかかってて、これが光化学スモッグface08?!東京にも出たことのない田舎娘の私にとっては、「教科書で勉強したあれだーすごいな都会はっ」なんて最初は珍しがっていたけど、それも最初の一ヶ月icon23
実際生活してみると、行き来する工事車両やトラックからは黒い煙がモクモク・・・どくろせっ整備不良の車両多すぎでしょーっ黒い煙が出るバスが普通に走ってるってドユコトムンク
・・・というわけで、んもう本当に青空が恋しかったのですicon06
日本に一時帰国した時には、空気が美しく感じられすぎて冬眠から目覚め、久しぶりに外界をみた熊みたいな眼になっちゃいますショボショボリicon16
ちなみに、最近上海の空気がきれいicon12なのは、万博に向けて行われていた開発工事などがほぼ終わったから時計、というのが大きいらしいです。
さて、朝から気持ちよくってうれしいな☆今日も一日頑張るぞー!face02  


「买一送一」には上海人も弱い?

私、
「一つ買ったら、一つ無料!」
というこのフレーズに本当に弱く、大して欲しくもないはずのものでも、つい買ってしまいます。
ちなみにこれ、中国語では
「买一送一」
mai 3 yi1 song4 yi1(マイ イー ソン イー)
と言います。

 また、似たような中国語で
「第二个半价」
というのもあり、これは一つ買うと、二つ目は半額!という意味。
これには悩みます。

一つ買って一つタダなら真っ先に買えるけど、余らせて捨てちゃったら損だしなー、と困ってしまったその時は、
協力するといいらしい!

というわけで、ここで、とある日上海市内の某スーパーで買い物中、正にこのフレーズと出会った時の出来事を一つ。

「第二个半价」の対象は、牛乳cowでした。

face13さて、ここで上海人っぽく、頭のなかで損か得か計算!二本目は半額で買えることになるけど、飲みきれなきゃ没意思(イミないよー)!
おわー、牛乳でこれは厄介な選択だわーと悩んでいると、後ろで同じく悩んでいる声が。(←こちらの方々は、結構声に出して悩みます

きれいなお姉さん
「安く買いたいけど、牛乳は二本も飲みきれないわあ」
私:「だよねえ、私も二本もいらないから悩んでるわーコリャマイッタicon16
(←同じく声に出して悩み合うのもこちらの文化)
きれいなお姉さん:「じゃ、一緒に買って一つずつ分けましょう!一本だけ買うよりも得よね」


・・というわけで、協力して購入しましたicon22

 
この、「○○買うと、○○お得!」のフレーズに弱いのは、日本人も中国人も変わらないみたいですょ→←
  


上海人女性


中国人のおばちゃん達が毎日元気なのは、健康な体作りを積極的に行っているから。
例えば、満員電車や人ごみのなどですれ違い様人にぶつかり「痛い大泣き!」と振り返ると、大抵女性なんですよ。女性、強し。
 
こんなとこでもストレッチicon09  


字の達人


これは、旧フランス租界近くにある、淮海公園の付近を散歩していた時のこと。

なんか地面に字が書いてあるなーと、思いながらよくよく見てみると、うま過ぎicon16

こっちでは一般人の字に対する美的感覚が日本人に比べるとかなり少なく、クレープ屋で従業員スタッフにオーダーとったり在庫管理などで字を書かせたらもー読めなくて焦ったことがicon05!!ミミズさんが紙の上這ってましたょicon24

だから思うけど、このおっちゃんスゴイ拍手そして道具は公園の水と筆のみ。
ちなみに彼は字の先生・・でもなんでもなく、普通に建設現場で働いてるらしい・・もっとスゴイってface08

そんなおっちゃんご自慢の、字、産みたてホヤホヤ画像。(そういえば、最近ホヤ食べてないな・・・モアイジュルリicon16
  


ユミ探検隊 上海編 再開のご挨拶

ユミ探検隊をご覧頂いている皆さん、本当にお久しぶりです。
私、村上ユミは現在上海で、元気に生活しております!

2008年夏に上海にきて、早いもので間もなく2年。
この2年間は私にとって大きな変化の期間でした。

ここ最近でやっと落ち着いたということがあり、この上海での経験などを、今こそこの「ユミ探検隊」に残していこうと思います。


「上海って、どんな街?」
「食べ物はおいしいの?」
「上海といったらお土産って?」
「上海で働きたいんだけど、ビザってどうやってとるの?」
「やっぱりお金持ちって多いの?」
「中国語、今から初めたいのだけど、難しい?」
「日本人と中国人の大きな違いって?」
「物価って安い?」
「不動産は?」
「物流インフラは?」
「外灘って?」

という、一般の方が興味のあることから、

「上海にクレープ屋で行く!・・って言ってたけど、今何してるの?」
という自分自身のことまで!

もちろん、たかだか2年で上海を語れるとは思っていないけれど、
今27歳の自分がこの眼でみて、体験した上海をつらつらとつづってみます。

というわけで、上海での発見したことをお伝えする、というのはもちろん、自分の上海での経験を書き残す、という若干日記的要素も加わりますので、気の抜けた感じで覗いていただけるとありがたいです。


それでは今日もオフィスから上海のシンボル、東方明珠塔を眺めながら、
ユミ探検隊上海編、开始!どうぞ、よろぴく拍手icon16