スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

毎日家族と復旧作業


昨晩無事、気仙沼から上海に戻りました。

実際に津波に襲われた故郷をみて、家族や友人から体験談をきいて、

色々な感情が沸いた10日間だったけれど、

まず、一番言いたいことは、

自衛隊、そしてボランティアの皆さん、本当にありがとうございます。

これです。

瓦礫の山の撤去作業や避難所の炊き出し等

そして全国から寄せられる、数々の支援物資。

なんと、有り難い。

この場をお借りして、心よりお礼申し上げます。

その気持ちになんとしても応えなければ。。

本当にそう思い、私もこの丸一週間、せめて私ができる事、毎日家の復旧作業に集中しました。

一人ひとり、元の生活に戻るように進むこと。それがまず私達にできる、第一の恩返し!!

村上家は、1階全て波につかり、津波のラインもしっかり刻まれていました↓が、




 

 



泥だらけになった家も大分きれいになりました。

家族で力を合わせて、毎日復旧作業。

終わったら皆で川の字で寝る。

なんだか、子供の頃に戻ったような気もちでした。

決して津波に「有難う」なんて決して言わないけれど、現代人として生活しているうちに大切な何かを忘れかけていて

今回のことで、そんな何かを思い出したのも事実。

被災地の多くの人から、そんなパワーを感じたから、復興するのもきっと早いんだ!

そう信じて、今、私ができる事を精一杯やっていこうと思います。























  


避難所生活の家族との再会



この現実の中で、被災者の皆さんは、家族は、どういう気持ちで毎日を過ごしているのか。

そしてそのまま避難所へ行き、無事に家族とも再会しました。

母の第一声「あら、いつきたの」

父の第一声「お、味噌汁のむか」

あら?
こっちは毎日はらはら、どきどき、被災地で暮らす家族のメンタル面は・・・

といろいろな心配をしていた分、若干拍子抜けしました。

間接的な情報に振り回され、余計な心配をしていたのかしら??

父も母も、兄も姉も弟も、家族みな、元気。

「家の一階全部泥でひどかったけど、みなで泥取りして、大分きれいになったよ。ユミ、明日壁の泥取りしてけらい」と、母。

家族、そして気仙沼の人々、ちゃんと現実を受け入れ、町の復旧、復興のため生活していました。

これだ。

これが、我ら三陸の人々。

よし!やりましょう!

壁の泥取りでもなんんでも!

  


ヘドロのにおい


上海から飛行機で成田に入り、新宿から高速バスで仙台へ。

一日目は仙台の姉の元に一泊し、翌朝気仙沼に帰ってきました。

そこに向かう途中の景色。

気仙沼に近づくにつれ、何やら窓から見える景色が、おかしい。。

さまざまな目印が、ない。

今まで建物に隠され簡単に見えなかった三陸の海が、すぐそこに見える。

建物が、ない。そしてないはずの場所に建物が、ある。

そして、がれきの道路へ。

唖然。ただ、唖然。


今までテレビ、新聞の画像で見ていた気仙沼の光景。

ひどかった。

私の中の、想像の範囲を、超えていました。

360度。がれきって、想像できるもんか。

ここは、どこ?私の知らない、別の町、もしくは外国?

なんというか、見たことないけど、戦後の焼け野原って、こうだったのだろう。

もう、ただ、唖然としました。

そして一番全身が震えるほど驚いたのは、町のにおい。

町全体が、海の中のヘドロのにおいで覆われていました。

これが、津波。

ひどい、津波。

きれいな街だったのに。

ただ、ただ、悔しい。




  


気仙沼へ

日本に帰る事になり、台湾人、フランス人の友人から、手紙をもらいました。




「気仙沼の避難所のご家族にも見せてください」

本当に、本当に

ありがとう。

いってきます

あいする町、気仙沼へ。