紙芝居の進行台本(・∀・)

紙芝居・吉四六武勇伝

(吉四六…読み・きっちょむ。新婦の小学生時代からのあだ名)

「私達は、新婦の地元、
宮城県気仙沼市という港町から参りました。

今日は見違える程綺麗な彼女ですが、
その姿からは想像できない程の数々の武勇伝を、
私たち、幼なじみは見てきました。

そこで今日は、この場をお借りして、
その武勇伝の一部を紙芝居にして、
皆さんにお届けしようと思います!

題して、
「吉四六武勇伝」!!
始まり始まり〜!!」

「ヤンヤ・ヤンヤ〜!!」(強引に、拍手を煽る)



シーン1「きっちょむ走り」編
時はさかのぼること14年前…


地区のフットベースボール大会でのお話しです。


場面は9回の裏、ツーアウト満塁。


きっちょむは三塁にいました。

ところが!


味方の攻撃ボールは運わるくきっちょむのいる三塁の方へ。
しかし、走らなければ後がない!!

走るきっちょむ!

そして、三塁からホームへと投げられるボール…

…き、きっちょむ速え〜!

ボールがホームへとどくより、きっちょむの方が圧倒的に速い!

しかもよくみると…

ん!?なんだ?!
あの、腕を横に降って走るフォームは!!!


私たちのチームは彼女のおかげで、勝利することができました。

それからというもの、競ったさいにはチームに勝利をはこぶ彼女、
そしてその走るフォームは「きっちょむ走り」と呼ばれ、敬愛されたとさ。

「えー、この時の歩数は、四六歩だったそうです。」

(強引に)

全員:
「ハイッきっちょむきっちょむ!!」


シーン2:きっちょむ走り編パート2

中学生になったある日、私たちはいつものように、
部活に行くため、おしゃべりをしながら学校に向かっていました。


季節は秋、土手には赤とんぼが群れ、
川には鮭がのぼってきています。なんとも和やかなその光景。

ところが、私たちはここでもド肝を抜かれます。
…鮭を見つけたきっちょむは、

突然「マッハ!!」と叫んだかと思うと、


鮭を追いかけ
遥か先まで行ってしまうではありませんか。
ここでも出た!きっちょむ走り!

ちなみに、この「マッハ」、当時彼女の中で流行っていた言葉だそうですが、
私たちにもよくわかりません

全員:「ハイッきっちょむきっちょむ!」



シーン3:腰振りダンス編

むかしから、腰振りダンスが得意なきっちょむ。

いつでもどこでも
くねくね〜。


休み時間でも
くねくね〜。

たまにコマネチもはいるなど、私たちを楽しませる彼女でした。

しかし!


高校ではダンス班(部)で大活躍!!

「えー…この時の腰振り回数も、やっぱり四六回…」

(掻き消すように)

全員:「ハイッきっちょむきっちょむ!」



シーン4:飲み会編

そうしてこうして二十歳になったわたしたち。

はなればなれになった私たちは久しぶりに会おうと、
飲み会を開くことにしました。

一体、きっちょむはどう変わってるんだろう?


なんときっちょむゴリラのお面で登場!

すごいのは、それだけではありません。
私たちはとめたのですが、ゴリラのお面をかぶったまま、
夜の街を徘徊しだしたのです。

それだけならまだかわいいのですが、
木を見つけてはよじ登ろうとしたり、
電話ボックスの中に入ってはドンドン!とたたく彼女。


その光景は、まるでオリに入れられた本物のゴリラのようでした。

私たちは、本当に捕獲されてしまうのではないかとヒヤヒヤものでした…
いや、むしろ、捕獲されてしまえ!

20歳を過ぎても変わらない!

全員:「ハイッきっちょむきっちょむ!」




そんないつも明るいきっちょむは、まるでひまわりのよう。
いつでも笑顔の中心にいて、友達がたくさんいても、
みんなを大事にするこころの暖かい人なんだ。


(全員で)せーのっ


きっちょむ、結婚おめでとう!

ありがとうございましたー!!

(強引にしめる)

同じカテゴリー(①日記・リポーター編)の記事画像
上海レポート第2弾
近況報告
!!
パワフルよ☆
おめでとうございます☆
道中
同じカテゴリー(①日記・リポーター編)の記事
 上海レポート第2弾 (2008-11-19 00:37)
 近況報告 (2008-10-08 09:50)
 !! (2008-07-16 16:07)
 パワフルよ☆ (2008-07-14 13:37)
 おめでとうございます☆ (2008-07-13 01:50)
 道中 (2008-07-08 17:08)

この記事へのコメント
かなりうけました!感動しました!号泣しすぎてまつげが何度も取れました(笑泣)
きっちょむ武勇伝もっと聞きたかったと、家の旦那様があの日から毎日のように言っています。
他にも2次会から来た人たちもその話を聞いて、写真をみて、見たかった~と言っていってました(^-^*)
他の職員さんからも、きっちょむは俺の中でいまブーム?みたいなって言われました(笑)
実は、この話してなかったんだけど、うちの旦那さま小学生のころ「きっちょむさん」の絵を見て、版画を作成したらしく、その絵が選ばれて、今も旦那様の玄関には「きっちょむさん」の版画が額に飾られているんです。
初めて、だんなの実家に行ったとき、「この絵はなに?」と聞いて、「きっちょむさんの絵だよ」って言われた時には驚きました。

はい!吉四六!吉四六!
Posted by きっちょむ at 2007年07月23日 13:22
きよみちゃん、いやキッチョムさん(笑)
ご結婚おめでとうございます☆
ここで、みんなの顔見れて嬉しかったので☆コメントしちゃいました。
Posted by みお at 2007年07月23日 17:10
 あーそうだった!!きっちょむの版画の話、うちに来てくれたとき一度聞いてたんだった。紙芝居にいれればよかったー(。。)どーん

ユミちゃんの「はい、きっちょむきっちょむ!」への強引(?笑)な誘導ナイスだったよー。

なによりきよみちゃんが家族や同僚、そして旦那様☆みんなに愛されているのがいろんなところから伝わるすてきな式でした。きっちょむ、改めておめでとう!!
Posted by こまつ at 2007年07月24日 12:25
あたしもきっちょむの旦那様にそんな武勇伝があったとは知らなかった、もっと聞きたいって言われたよ(笑)
今度じっくりお話しますと伝えておいて・・・v(^皿^)v

はい!吉四六!吉四六!
Posted by ちあき at 2007年07月24日 18:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
紙芝居の進行台本(・∀・)
    コメント(4)