熱い飲み物もストローで


<ユミ画伯のお絵かきコーナー>


第四十二段 熱い飲み物もストローで


奶茶:ミルクティー

街中至る所にこの奶茶屋さんのドリンクスタンドがあり、
種類も豊富でとても人気。

ただ、ホットでもストローです。

慣れないと、舌を火傷してしまうので
要注意。

  


春節前!



中国ではただ今
「春節」(中国でいうお正月!1週間ほどの、大型連休となるのだ)の前。

地方から上海に働きに来ている人達が一斉に帰省するため、上海は一時的にパタッ・・と人の気配がなくな(ったかのようにな)ります。

そんな感じで仕事現場もパタッと動きが止まってしまうため、今のうちにやらなければならない事も多く、結構バタバタ感が。


そんな合間に・・・。
先日ドイツ法人から上海に出張でいらしたマネージャーからのお土産のチョコ←

ドイツって、チョコが本当においしい!
(ところでチョコっていったら、ベルギー!と思ってたけど、彼女いわく、ヨーロッパでベルギーのチョコはチープな位置づけらしい)


さて、今週は忘年会、忘年会2・・・、休み前はなんだか色々続くけど、それが終わったら、
久しぶりの日本帰国
さあ、頑張るぞー☆



  


unbelievable

うそー。

雪景色の上海なんて、こっちにきて初めてみた。。






←雪化粧の観光タワー・東方明珠搭

今朝、雪かきの音で目が覚めて、
積雪と直感し、
厚着をして、
マフラーをまいて
歩きやすい靴を履いて家をでました。

今日は一日タクシーにのるのは、やめましょう。

タイヤもはいてない(スタットレスなどつけてないこと、方言でこういうよね)のに、道路を走るなんて、想像するだけでもおそろしい。
しかしそれでもたくましくバイク通勤だなんて↓・・・・アンビリーバボー



東北生まれ東北育ちの私にとってはほっとするのですが、
現実、道路凍結警報もでてるそうだし、交通事故が心配。

上海在住の皆さん、どうか交通事故にはお気をつけください。






  


路上でみたもの


<ユミ画伯のお絵かきコーナー>


第四十一段 路上で




ある時、外を歩いていて、心臓の強い私でも驚くことがありました。
横断歩道をわたってすぐのところに、丸椅子と子供。

一瞬見間違え、えっ?と思いましたが、

正体は、路上芸。

丸椅子に顔を乗せ、器用にバランスをとり、回転する子供。

すべては生きるため、本当に色々な芸を目にします。


  


上海は、雪模様


face01上海では昨日から、icon04icon04がふっています!
上海で雪なんて、めづらしいのに、
年末から今年にかけて、けっこう降ってる印象。
ただ昨日の雪は、なんと結晶雪
東北生まれの私は仕事中にも関わらず超感激してしまいました☆




↑朝、オフィス一番乗りだったので、ちゃかり撮った朝の風景。
ちなみに左奥に見える建物は、有名な上海で最も古い西洋式オールドホテル上海大夏)

うーん、また結晶がみたいー!
  


ジューススタンド


街中至る所にある、ジューススタンド。




出勤途中にもあるので、「果物がたりない!」と思ったときには利用しています☆
果物をその場で剥いて、ミキサーにかけてくれる、100パーセントのフレッシュジュースicon06



↑絞りたての、梨りんごジュース(雪梨苹果汁):10元(160円くらい?)

いやー。生き返る!

今週も一週間、頑張りましょう☆


  


日本全国ロードショー前だけど・・・


先日帰宅途中、何かDVDみたいなーと思ってる矢先、
丁度道端で売っているDVD屋さんと出合ったので覗いてみると




おー、話題作のツーリスト・・・、え、ツーリスト?!

あれ、ロードショーはいつ??もうDVD?

ザッツ・チャイナ
という事で購入。
(しかもなんと一枚5元(80円くらい?))

さて、実際、映像等、いかがなものか?

週末の休みを利用してチェックしてみよう。




  続きを読む


下着ドロボーが存在しない理由


<ユミ画伯のお絵かきコーナー>

第四十段 下着ドロボーが存在しない理由?





こっちで生活していて「下着ドロボー」の話を聞きません。
そもそも、その単語がありません。

なぜ?

こちらでは、女性用下着が大胆に道端に干してあるのは、日常的な光景。
きっとこんなにどーんと見せられると、
逆に盗みたいという発想にならないという事なのでしょう。









  


結婚が決まったら配るもの


「喜糖」
国では、結婚が決まると、「喜糖」を配るという習慣があります。
この喜糖というのは、チョコレートの事face01

私も、小瓶に入ったチョコレートを頂きました☆
恭喜!(おめでとー:ゴン シー)

ところで、こっちの方の結婚年齢は、本当に早い。(男性特に)
この間台湾人の友人が30代半ばで上海人のお嫁さんをもらったそうなのだけど、
お嫁さんのお父さんの年齢は自分より年下だったとか。

うわー、それ、どんななんでしょ汗

  


りんごはまるかじり


<ユミ画伯のお絵かきコーナー>


第三十九段 りんごはまるかじり




りんごの食べ方。
日本では、皮を剥いて食べるのが一般的ですが、
こちらでは、まるかじり。

街を歩いていると、この、まるかじりの光景をよく見掛けます。
以前地下鉄で、隣に立っていた女の子が何やらバックから林檎を取り出し、
そのまま丸ごと噛り付いた時は、一瞬ぎょっとしてしまいましたが

健康と、美の秘訣、なのです。



  


上海人には上海語で


<ユミ画伯のお絵かきコーナー>

第三十八段 上海人には上海語で。



上海人に上海語で話しかけると、それまでムスっとしていた表情が、とたんに明るくなります。
上海人には上海語で話してみましょう。
野菜市場で使えばを野菜を安くしてくれたり、
タクシーで使えばつり銭をまけてくれたり
優遇が受けられる場合もあるので、是非お試しあれ。

こんにちは:「你好」 ニーハオ→ノンホー
ありがとう:「谢谢你」 シェシェ ニー→シャヤノン
さようなら:「再见」 ザイ ジェン→ゼーウェイ
いくら?:「多少钱?」 ドゥオー シャオ チエン?→ジディ?
私、日本人:「我是日本人」→ウォ シー リーベンレン→ウォズ サパニン 
  


上海の朝食・飯団


rice上海の朝食:飯団(3元~)

勤途中にあるおにぎりやさん。
朝食はご飯派の私は、外で食べるならここのおにぎり(飯団)を頂きます。

日本のおにぎりとは違って、普通の米ではなく、もち米。透明ケースに入って並んでいるのはで、漬物、卵の塩漬け、肉松、砂糖、油揚げ、などなど様々。
お好みで色々中に具をつめてにぎってくれます。

他の人はどんなチョイスが好きなのかなと観察していると、

ご飯のなかに油条(油でカリっとあげた、上海の一般的な朝食、画像一番右)を詰め込んだり、(本当、細長いものだから、押し込んでにぎってるんだよね)
砂糖を沢山いれたり、いや、もう朝からヘビーでびっくり。

そのうち自分好みで梅干、海苔もおいてもらおうかな。カツオブシもいいね。
「絶対売れるから!私が買う!」みたいな笑

  


明けましておめでとうございます★



2011年明けましておめでとうございます。今年もどうぞ、宜しくお願い致します。









上海に来て今年で3回目のお正月。
こうして健康で迎えられて幸せです。

そして今年は、「ザ・日本」の雰囲気の中迎えられて、気持ちもとても満足花丸
年越し蕎麦の雰囲気も味わえました



「狸」のマスター、メニューにはないのに作ってくれて有難うございましたface02
そして年越しカウントダウンを一緒に過ごしてくれた皆さんにも大感謝!!

今年もどうぞ、よろしくお願いします★




  


2010年の締めくくり~年の瀬感がない上海から~

今日は2010年12月31日、大晦日。

・・・なのだけど、こちらは普通に出勤でした。


街をみても、年の瀬感全くなし!


かといって、旧正月になれば年の瀬感があるかというとそういうわけでもなく。。

街もふつーなのよねえ涙



大晦日はやっぱり1年の締めくくり、この1年の出来事をしっぽりと家族や友人、大切な人と語りたいものだけどねえ・・・。

やっぱり私は日本人なので、日本のお正月を味わいたい!

そんなわけで、今夜は「ザ・日本の居酒屋!」という感じのいい雰囲気のお店を最近見つけたので、そこで仲のいい友人たちとしっぽり年越しするぞ★

年越し蕎麦あるかなface10(なければ持ち込む!!)

というわけで、

2010年も、「ユミ探検隊」ブログにお付き合い頂き、本当に有難うございましたface01

皆さまどうぞ、良いお年を!


  


容赦なく、回収

<ユミ画伯のお絵かきコーナー>

第三十七段 容赦なく、回収



日本では、「食べ物を残さず食べるのが礼儀」という考えがありますが、
中国ではそうではありません。
残さず食べると、まだ食べたりないという合図になる為、
おなか一杯でもう食べられません、と伝えたければ、残すのが常識。
そんなわけで、後から食べようとちらっと残していたのに
気がついたらさっさと片付けられてしまった、という事はしょっちゅう。

楽しみにしてたのに・・・。
これ、慣れません。



  


カンフー面パフォーマンス 実際の画像


ちなみに・・・

画伯に登場したそのカンフー面パフォーマンスがみられる火鍋屋さん
実際の画像はこちらです↓
   


ここのお店は薬味の種類も特に豊富!漬物系まで無料です。

人気店なのでとにかくいつも行列。
でも、席を待ってる間ネイルケアをしてもらえたり、果物やお茶(勿論無料)まで振舞われたりと、くつろぎスペースがあるのには驚いた。
スムーズに入るには、要予約↓

らーめんマークINFORMATIONらーめんマーク
四川海底捞火锅 上海吴中路店
地址:上海市闵行区吴中路1100号(万源路路口)

  


カンフー面パフォーマンス

<ユミ画伯のお絵かきコーナー>

第三十六段 カンフー面パフォーマンス




先日、行列ができる火鍋屋さんに行きました。
何でも、「カンフー面」を注文すると、パフォーマンスが見られるとの事。

これはすごい。
席と席の間も狭いというのに突然スタート。

危ない、面にあたりそうと思いきやあたらない。
面をたくみに操るその姿は、人間ではなく風の子よう。

美しく、力強いパフォーマンスに加え、
空気中を沢山泳いだカンフー面は、弾力も最高でした。


まさかお食事処で、雑技団さながらの演技が至近距離で見られるとは!






  


タクシー車内での危険体験

<ユミ画伯のお絵かきコーナー>

第三十五段 タクシー車内での危険体験




こちらの方々は、どうやら、「たん」がつまりやすい?ようで、
道を歩いていて
お店に入って
タクシーにのって、
かなりこの光景に遭遇します。

タクシーという密室空間でもこの行為は一般的なので、
例えば運転手にこれをされ、本当に危険を感じた事が。

身体のあらゆる場所から溜めたそれを、
走行中でも窓から放りだすので、
タクシー運転席のすぐ後ろの席は、気をつけなければなりません。

(食事中の方、すみません)












  


路上のサル芸

<ユミ画伯のお絵描きコーナー>

第三十四段 路上のサル芸




先日韓国人街付近で友人と韓国料理を食べに行き、その帰りの事。
店からでたところでサル使いと会いました。
こういった、路上で芸を披露するという類のものは、
今までギター、お子さんアクロバット、笛、中国の伝統楽器演奏?等々見かけましたが
サル芸は実際初めて。
 
ついその動きに足をとめました。
 
しかし、まだ調教中の様子で、実際芸の息は合わず。
おじさんが何か指示した事には従わず、ただチョコチョコ踊っているように見えました。
しかし、かわいい。
 
次回は是非息の合った芸を期待。
 
 




 
  


ラオウ

(続き)

さて、その焼酎バー地蔵でのお話。

このお姉様、私が上海で出会った日本人の中でNo1、2を争う美女!
それでいて・・・ラオウを描く!

やばい、めちゃおもしろい、首の太さがドラゴンボールだよ

北京でずっと駐在員としてお仕事をされていて、最近主婦業に専念するため上海に来たのだそう。

なるほど、バイタリティーがあるわけで、彼女のブログはとってもおもしろい!
ご主人、「地蔵」のマスター(ケミストリーの堂珍似のイケメンマスター)との日常を綴っていたり、
イラストがとてもかわいい☆
(なんと、ちゃっかり私の似顔絵?!も超ありがたい感じで書いてもらっちゃってます!
是非チェック↓)

「ぐーたら以上アクティブ未満in上海」
http://s.ameblo.jp/pikolyne/


焼酎バー地蔵
地址上海市古北路555弄(虹桥555 B2-101)
 

Azumaxご夫妻へ
☆またおじゃましますね。
ラオウにいつかお会いできるのを楽しみにしています